歌詞

母に捧げるバラード

海援隊

作詞
武田鉄矢
作曲
海援隊

(セリフ)

『お母さん、今ぼくは思っています。ぼく

に故郷なんかなくなってしまったんじゃないかと。

そして、残っている故郷があるとすれば、それはお

母さん、あなた自身です。お母さんは何から何まで

故郷そのものです。今、こうして眼をとじていると、

あなたのあの声が、あの姿が浮かんでくるんです。』


今も聞こえる あのおふくろの声

ぼくに人生を教えてくれた やさしいおふくろ


(セリフ)

『コラ! テツヤ、何ばあんたしようとかいな、あん

た。はようあんた、大学へ行ってこんね、あんた。

大学へいってあんた、学問ばしてこんね、あんた。

毎日あんた、テレーとしてから。

近所の人からあんた、いつも、何て言われおっか、

わかっとっとね。武田のバカ息子、バカ息子って、

あんた噂されおっとよ。どうしてまたこげん

頭の悪か子のできたとかいな、ほんなことお

まえは。あーも、父ちゃんがあんた、あの日酒ば飲

んで帰ってこんかったらお前のごたあバカ

息子はできとらんかったとに。』


(セリフ)

『それにおまえ、いつもつまらん女にばっか騙されて

おろうが。最近の女はねあんた、乳バンドの中にあ

んた、クラゲの頭のごたるとか入れて、男ばたぶら

かすやつばっかしぞ。コラ! テツヤ。はよせんか

おまえ、テレーとしてほんとおまえもう、包径じゃ

けん、そげんだらしなかって。』


(セリフ)

『待て! 待て、おまえ。またタバコば黙ってもって

行きよろうが、ほんなことこの子は。母ちゃんが、

このタバコ屋ば経営するためにあんた、どれだけ苦

労しよるとかわからんとか、ほんなこと。血と汗と

泪でよごれた女の半生がわからんか、このアホ息子!

ほんなことも、腹立つ、ほんなこと。』


(セリフ)

『いってこい、どこへでもいってきなさい。母ちゃ

ん、お前のごたあ息子がおらんごとなっても、何も

さびしうなか。が、いうとくがなあ、なまじ腰ば降

ろして休もうなんて絶対思たらつまらんど。死ぬ気

で働いてみろ、テツヤ。人間働いて、働いて、働き

抜いて、もう遊びたいとか、休みたいとか思うた

ら、一度でも思うたら、はよ死ね。それが人

間ぞ。それが男ぞ。おまえも故郷をすてて都へ出て

ゆく限りは、帰ってくるときは輝く日本の星となっ

て帰ってこい。行ってこい。行ってこい。』


今も聞こえる あのおふくろの声

ぼくに人生を教えてくれた やさしいおふくろ

提供: うたまっぷ