歌詞

バラードが聴こえる

世良公則

作詞
世良公則
作曲
世良公則

いくつもの河の流れに

逆らいながら 走りつづけた

何度も沈みかけた

自分の体を いたわろうともせず Oh


後ろで誰かの呼ぶ声 だけど振り返れない

オレの明日は はるか彼方待っているはずだから


ぬくもりとか やすらぎとか

そんな言葉は 何も変えちゃくれない

誰かに背中を押され

つまづくことなど 怖くはなかった Oh


どこまでも転って行ける 子供のようにはしゃいだ

手をのばせばつかみ取れる そんな気がしていた


Oh 明日が見えなくて眠れない

そんな夜をいくつも越えて

心の叫び 見つけたらそこから始まるのさ


Oh… 14インチの箱の中

閉じ込められた 今日には生きて行けない

すり切れた心をかかえ

おびえるだけじゃ なにも生まれない


Oh ほんの少しだけでいいさ 本気で泣けるなら

想い出の中で死んでくなんて 誰にも出来ないのさ


Woo… Yeah… Oh

後ろで誰かの呼ぶ声 だけど振り返れない

オレの明日は はるか彼方待っているはずだから


Oh 明日が見えなくて眠れない

そんな夜をいくつも越えて

心の叫び 見つけたらそこから始まるのさ


Oh Lalalala Lalalala

Lalalalalalalalala

Lalalalala…

提供: うたまっぷ