歌詞

Rock'n Roll Rescue

世良公則

作詞
世良公則
作曲
世良公則

焼けたアスファルト冷やす 突然のスコール

逃げ惑う人々の流れの中 ah!

もうすっかりこの街に 溶け込んだような

顔を濡らしたまま立ちつくす 俺がいる


もう何度 季節を この街で生き抜いて来たんだろう

気がつけば数えたこともなかった ah!

自分の名前も忘れそうな そんな時はいつも

唇にフッとよみがえる 唄があるだろう


そうさ たかがRock'n Roll だと唄ってる

だけど ギターかき鳴らし 魂削って唄ってる

輝いてた 少年の日のように このままずっと wow wow ah


雨あがりのこの街を 一瞬 静けさが包み

ふるえるような美しさ のぞかせる ah!

静かな足どりで 俺は歩んで行こう

昴ぶる心 じっと いたわるように


そうさ たかがRock'n Roll だと唄ってる

だけど 何より この魂 熱くせつなく叫んでる

輝いてた 少年の日のように このままずっと wow wow


chu chu chu… Rock'n Roll Music

ah chu chu chu Rock'n Roll Music

chu chu chu… Rock'n Roll Music

ah chu chu chu Rock'n Roll Music

chu chu chu… Rock'n Roll Music…

提供: うたまっぷ