歌詞

ありふれた言葉で

WANDS

作詞
上杉昇
作曲
柴崎浩

夜明けが近い 街の灯は寂しく

白くにじむよ まるでこの愛のように


君と出会って 費やした 日々のすべてが

語りつくせぬ ほどに眩しくこの胸の中に 揺れている


ありふれた言葉で 僕らは終わり告げて

ありふれた言葉じゃ 飾れない思い出を知ったよ

二度ともどれない Days Gone By


朝の光に 背中おされて歩けば

人込みの中 街中がほら 僕を"一人だ"と 告げている


ありふれた笑顔も 今では まぶしすぎて

ありふれた二人の 夜はもう かけがえのないメモリー

永遠に帰れない Days Gone By


彷徨うだけの 心は今でも

その 面影 探して


君は無邪気に 子供のように 微笑み浮かべ

誰の胸で そっと自由な 夢描きながら 眠るのか


ありふれた言葉で 僕らは終わり告げて

ありふれた言葉じゃ 飾れない思い出を知ったよ

二度ともどれない Days Gone By

提供: うたまっぷ