歌詞

ひと足遅れの春

とんぼちゃん

作詞
竜真知子
作曲
市川善光

ひとつめくり忘れた暦が 寒そうにふるえ

柱にはりついている

冬の間君からの 手紙が何故か来ないままで

季節はめぐるよ


去年までの二人は 今頃

同じこたつを囲んで話したものさ

二年たったら二人で暮らそうなんて

そんな事を夜更けになるまで


ひと足遅れの春の匂いが

いつかこの街にも届いたけれど

君との暮らしを失くした僕は

凍るような風の中


君と離れて暮らす月日が

いつか二人の心をへだててしまう

手紙一つ書き終える その度毎に

君は遠くなっていたのです


ひと足遅れの春の匂いが

いつかこの街にも届いたけれど

君との暮らしを失くした僕は

凍るような風の中


ひと足遅れの春の匂いが

いつかこの街にも届いたけれど

君との暮らしを失くした僕は

凍るような風の中


ひと足遅れの春の匂いが

いつかこの街にも届いたけれど

君との暮らしを失くした僕は

凍るような風の中


ひと足遅れの春の匂いが

いつかこの街にも届いたけれど…

提供: うたまっぷ