歌詞

ハッピネス

GRASS VALLEY

作詞
出口雅之
作曲
出口雅之

朝のホームで僕等は今日もとり残されたまま

うまく説明のつかない夢のイメージ抱きしめ立ってる

走り出す電車の(窓に映る)ひしめく狭い街

届かないものばかりだけど君の笑顔が救いさ


だからハッピネス いつもひとつ心にあればいいさ

あの日溜まりを歩いて行こう

ハッピネスそれは星がクルクル廻るように

終わらない夢を信じて Oh…


なにも探せない時他人は輝いて見える

バックに付けたバンドのシール君は見つめて溜息ついた

分からない明日は(遠すぎて)不安になる

じれったいくらいに自分が無力に見えることもある


だけどハッピネス いつもひとつ心にあればいいさ

冷たい雨に包まれても

ハッピネスそれは星がクルクル廻るように

終わらない夢を信じて Oh…


走り出す電車の(窓に映る)ひしめく狭い街

あたりまえの自由がほら君の翼になる


だからハッピネス いつもひとつ心にあればいいさ

あの日溜まりを歩いて行こう

ハッピネスそれは星がクルクル廻るように

終わらない夢を信じて Oh…


Hapiness to your heart

Hapiness to your heart

Hapiness to your heart

Oh… Oh…

(Hapiness to your heart)

Oh Oh…

Oh… Oh…

(Hapiness to your heart)

Oh… Oh…

(Hapiness to your heart)

Oh Oh…

Hapiness to your heart

Hapiness to your heart…

提供: うたまっぷ