歌詞

青空に逢いたい

sinon

作詞
森雪之丞
作曲
藤井丈司

飛び乗る 列車の窓には

名前の 知らない景色が

流れてゆく ちぎれてゆく 雲の様に


汚れた ブーツのかかとに

挟まる 小石をはじけば

今日も同じ あてどもない 旅が続く Woo woo


夢でゲームをしてる あの街を

そっと抜け出して 何日が過ぎただろう?


青空に逢いたいんだ 広い空抱きたいんだ

悲しみをポケットに詰め込み 歩いてゆこう

青空に逢いたいんだ あの夏の午後の様に

果てしない風の歌 心に響かせて


夜更けの ダンプに拾われ

いつしか 眠った私を

笑いながら 朝陽がまた 揺り起こすよ Woo woo


リュックの底に隠れた 想い出は

街が変わるたびに 少しずつ軽くなる


青空に逢いたいんだ もう一度夢見るんだ

淋しさが込みあげる時には 泣いたらいいさ

青空に逢いたいんだ 何もかも風に飛ばし

真っ青な空の色 心に溶かしたい


夢でゲームをしてる あの街を

そっと抜け出して 何日が過ぎただろう?

ときめきは 止まらない


青空に逢いたいんだ 広い空抱きたいんだ

悲しみをポケットに詰め込み 歩いてゆこう

青空に逢いたいんだ あの夏の午後の様に

果てしない風の歌 心に響かせて


Ah ah…

提供: うたまっぷ