歌詞

青空

矢沢永吉

作詞
売野雅勇
作曲
矢沢永吉

あの夏のどこかで

虹を見たのか お前も


君と二人 最後の

ただ青空が哀しかった


高波の桟橋

シャツを濡らして歩こう


ダイヤモンドみたいな

秘密にも見えた キスも歌も


幸福を穢すから

想い出は

棄てなよ ここから海に


稲妻の季節を

通り過ぎてく 俺たち


失くしたのは 愛じゃなくて

あの夏空の永遠の青ささ


別離よりも もっと哀しいのは

いつか他の人を

愛せることさ

No No No No

提供: うたまっぷ