歌詞

風の街

山田パンダ

作詞
喜多條忠
作曲
吉田拓郎

道のむこうで 手を振った

大きな声でさよなら言った

あいつをふと 思い出す

今も元気で いるだろか

白い仔犬を 抱きあげる

君はちょっぴり幼く見える

表参道 原宿は

なつかしすぎる 友達や

人に言えない 悲しみすら

風が運んでしまう街


空に昇って消えてゆく

子供の赤い風船一つ

遠い昔の思い出が

空にポツンと消えてゆく

僕の名前を呼ぶ時の

君はちょっぴり大人に見える

表参道 原宿は

なつかしすぎる友達や

人に言えない悲しみすら

風が運んでしまう街


なつかしすぎる友達や

人に言えない悲しみすら

風が運んでしまう街

提供: うたまっぷ