歌詞

コスモス街道

狩人

作詞
竜真知子
作曲
都倉俊一

バスを降りれば からまつ林

日除けのおりた 白いレストラン

秋の避暑地で 出会うひとはみな

なぜか目を 目を伏せて

なぜか目を 伏せ歩きます


コスモスの花は 今でも咲いていますか

あの日の二人をまだあなたは 覚えてますか

愛されなくても 最後まで

のぞみを捨てずにいたかった


右は越後へ行く 北の道

左は木曽まで行く 中仙道

続いてる コスモスの道が


あなたに賭けたひとつの季節

優しい日々は 帰らないけれど

愛の想い出 そっととり出して

この胸に 暖めて

暖めなおす 私です


コスモスの花は 今でも咲いていますか

心の支えを今ひとりで たずねてきたの

愛されなくても 最後まで

のぞみを捨てずにいたかった


右は越後へ行く 北の道

左は木曽まで行く 中仙道

続いてる コスモスの道が

提供: うたまっぷ