歌詞

夏にかかるWedding Song

class

作詞
松本一起
作曲
日浦孝則

素肌をとかす熱い西風に

洗いざらしのシャツも脱いでしまいたい


恋人たちを近づけるSummer time

もっともっと今年はKissをしよう


二人で水着競うのも

クーラー抱くのも燃えるけれど


夏にかかるWedding Song

太陽のキャンドル灯し

浮かれないで転ばないで

未来のことを語りあかそう

夏の日のWedding Song

シャンパンのグラスの海に

君の瞳 僕の瞳

重ねれば素敵な風が揺れる


出逢った頃の君はメルヘンで

駅のポスターだって意識しなかった


口紅だって夢よりも増えて

頬のスリルな線がとてもLady


二人はよくケンカをして

いつも君から電話くれた


夏にかかるWedding Song

約束をプレゼントする

僕でいいと思う日まで

君のハートをいつまでも待つ

夏の日のWedding Song

毎日が幸せになる

街にいても海にいても

君だけと結んだ風に吹かれ


夏にかかるWedding Song

太陽のキャンドル灯し

浮かれないで転ばないで

未来のことを語りあかそう

夏の日のWedding Song

シャンパンのグラスの海に

君の瞳 僕の瞳

重ねれば素敵な風が揺れる

提供: うたまっぷ