歌詞

CHICAGO・バウンド

憂歌団

作詞
尾関真
作曲
尾関真

シカゴに来て 二年がたった

だけどいい事ありゃしねェ

メンフィスから汽車に乗って

やって来たけれど

他の奴らは うまい事やってるけど

この俺だけが落ちぶれちゃった

街のかたすみで 小さくなって

ひとり暮してる

あ・あ

ひとり暮してる


仕事をやって 金をためて

ピストル買うんだ

ピストル買って 頭めがけ

ぶちぬこうと思ったけど

仕事もなけりゃ ピストルも買えねェ

これから先は まっ暗やみさ

惚れた女も いるにはいるけど

メンフィスへ帰ろうかな

あ・あ

メンフィスへ帰ろうかな


神様にも 見はなされちゃったし

酒でも飲むしかねェ

盲のレモンも死んじまったし

ひとりで飲むしかねェ

俺によく似た そこのオッサン

俺と一緒に飲もうじゃないか

明日の晩は 汽車に乗って

メンフィスへ帰ろうかな

あ・あ

メンフィスへ帰ろうかな

あ・あ

メンフィスへ帰ろうかな

あ・あ

メンフィスへ帰ろうかな

提供: うたまっぷ