歌詞

いつか冷たい雨が

イルカ

作詞
イルカ
作曲
イルカ

雪が降る駅の片すみで

だれにも いたずらされない様に

うずくまっている年老いた犬

パンをあげても 見てるだけ

時が来れば汽車にのる私

泣くことの他 何もしてあげられない私


広い道路の真中で ひかれてしまった みけ猫

その上を何台もの車が 通りすぎていく

思わず目をとじてしまった 私を許してください

みんなだって そう思っていると 信じたいのです


牛や鳥やおさかなも 人間の為にあるのよ

サア残さずに食べなさい

そんな風に言うおかあさんにはなりたくありません

でも私だって 食べて育って来たのだし

虫だって 殺したこともあります


だから だから お願いです

もう役に立たなくなったら

すててしまったり 自分本位でかわいがったり

小さなオリに閉じこめて

バカにしたり きたながったり

人間だけが えらいんだ

なんて ことだけは思わないで下さい


人間以外のもの達にも もっとやさしくして下さい

同じ時を生きているのだから

朝が来れば夜も来るし

産まれて そして死んで行く

私が土になったら

お花達よ そこから咲いて下さい

提供: うたまっぷ