歌詞

ウィスキーの小瓶

みなみらんぼう

作詞
みなみらんぼう
作曲
みなみらんぼう

ウィスキーの小瓶を口に運びながら

涙と思い出を肴にして

酔いつぶれてしまいたいなどと

思っているこの僕を

貴女が見たら子供のようだと

きっと僕を笑うでしょうね

わかっていながら飲む男の気持ちなど

貴女は知りもせず


列車の窓に僕の顔が写る

なんてみじめな姿なんだろう

戯れだと思っていた恋に

打ちのめされてしまうなんて

こうして誰もが大人になってゆく

そんな話をどこかで聞いたっけ

人間同士の辛い別れという劇を

僕が演じている


こうして誰もが大人になってゆく

そんな話をどこかで聞いたっけ

アー 人間同士の辛い別れという劇を

今 僕が演じている

提供: うたまっぷ