歌詞

Precious Junk

平井堅

作詞
Ken Hirai
作曲
平井堅/山下俊

流れてる街で立ち止まる 笑顔が見つからない

傷つかぬように うつむいて 足早に歩き出す


ぶつかった肩から 苛立ちを吐いた

だけど 振り返ればそこに うなだれた僕がいる


いつもこのままじゃ夢さえも逃げて行く

凍えた想い 溶かしたい

いつかこの僕を飛び越えられたなら

行き交う靴音に流されず 歩いて行くことが 出来るだろう


たくさんの言葉 あふれすぎて 本当が見つからない

心映す鏡 曇ったまま 磨くこと 忘れてた


風に揺れる木々が 街を奏でる

今はつぶやく唇に 歌うこと 教えたい


いつも愛されることばかり願ってた

愛することを恐れてた

たとえ今日の日が過去の繰り返しでも

翼に変わる筈のガラクタを探し続けることをやめたくない


いつもこのままじゃダメなことわかってた

「このまま」を今 終わらせよう

いつかこの僕を飛び越えられたなら

行き交う靴音に流されず 歩いて行けるだろう


いつも愛されることばかり願ってた

愛することを恐れてた

いつか大切な人を包み込んだら

翼に変わる筈のガラクタは 僕の胸の中で翔くよ

提供: うたまっぷ