歌詞

紫陽花と向日葵

CHAGE&ASKA

作詞
CHAGE
作曲
CHAGE

接吻が長すぎたようで 僕が目を開ける

それでも君は接吻を止めない


二回半の瞬きのあと 僕は目を閉じる

遠い景色に誘われて


ゆりかごを揺らす 母のように

紫陽花は六月 雨に煙る


君の胸で眠ろうか 雨音 聞こうか

故郷のあの海へ帰ろうか


いつだって君のことは 僕が見つけたね

上手に陽炎に隠れても


肩ぐるました 父のように

向日葵は八月 祭りのあと


僕の肩で眠りなさい 風になりなさい

つないだ指を絡めなさい


君と僕を運ぶ 時の川

さらささら さらささら 花火の夜


紫陽花と向日葵が愛し合う

ふたりならあの海で揺れている

Hu

紫陽花と向日葵揺れている

提供: うたまっぷ