歌詞

砂の花

ORIGINAL LOVE

作詞
田島貴男
作曲
木原龍太郎

ああ

砂漠を旅して

錆びた時計のように

心は動かない

止まったまま


だから嘘のように

生まれる前のことを

思い出したような

なつかしさ


激しく降り出した

スコールのような

喜び

突然きらめいて

現れた君と

まるで Yeah…


最初の恋のように

振るまえたらいい

ただの奇跡さ


最初の時のように

嘘をつけない

初めてのように

通り過ぎればいいのか


ああ

オアシスのように

あざやかな瞳

言葉はねむたげな

朝のソーダ水


太陽のように笑い

月のように目を閉じ

都会に描かれた

砂の花


短い雨を浴び

呼び覚まされた

ときめき

突然 輝いて

現れた君と

まるで Yeah…


最初の恋のように

振るまえたらいい

ただの奇跡さ


最初の時のように

つかまえたらいい

初めてのような

愛し方をして Yeah…


最初の恋のように

振るまえたらいい

ただの奇跡さ


最初の時のように

つかまえたらいい

初めてのように

通り過ぎるか

引き寄せられる

心 Yeah Uh… Ha Woo…


(アア アナタガ チカヅク)Yeah…

Ah(アア アナタガ ソバニヨル)Woo…


ああ 砂の花が咲く


(アア アナタガ チカヅク)Woo Woo

(アア アナタガ ソバニヨル)Na…


ああ 砂の花が咲く Yeah…

提供: うたまっぷ