歌詞

KISS×KISS

URBANDANCE

作詞
吉田美奈子
作曲
伊藤銀次

顔も見てもらえないほど

僕をまだ嫌っているの

眠ても醒めても心は

君だけでいっぱいなのに


ほら 素敵な月夜は

ほら 二人に似合うから

外へ出ておいで


君が掛ける椅子になりたい

僕のこの膝が… 扉を開けて

君が着ける香水ならもっといい

その耳に… 扉を開けて


赤い口紅の目立つ

胸の開いた黒のドレスで

微笑う君を見た日から

僕はもう息をしてない


ほら 妖精が恋の

ほら 弓矢を放つから

外へ出ておいで


君が梳いた櫛になりたい

僕のこの指が… 扉を開けて

君が穿いた靴下ならもっといい

その足に… 扉を開けて


KISS KISS 覗き穴越しに

KISS KISS 僕は止めないから

外へ出ておいで…


君が掛ける椅子になりたい

僕のこの膝が… 扉を開けて

君が着ける香水ならもっといい

その耳に… 扉を開けて


君が梳いた櫛になりたい

僕のこの指が… 扉を開けて

君が穿いた靴下ならもっといい

その足に… 扉を開けて


君が掛ける椅子になりたい

僕のこの膝が… 扉を開けて

君が着ける香水ならもっといい

その耳に… 扉を開けて

提供: うたまっぷ