歌詞

CHAGE&ASKA

作詞
松井五郎
作曲
CHAGE

"愛しい女よ"の文字を 読み返し束ねた恋文

炎に包んで捨てる 夢の終りだと

離ればなれの暮らしは 時を枯らしてゆくだけね

五年の歳月あなたは さよならで結んだ

淋しさに涙ぐみひとりで 想い拙き筆をとる

冬枯れのことばが霞むたびに あなたを思い出す


インクが滲んだ後の便箋は いつでも悔むだけ

追伸ばかりで 別に手紙が出来るほど

想い出にほつれてる一条の 髪を忍ばせ封をする

ことばにならない一言と 気づいて欲しくて…


拝啓

春の風に誘われて

枝には花が満ち

私の心も華やぐ季節

幸せにしています

提供: うたまっぷ