歌詞

Hold on Me

福山雅治

作詞
福山雅治
作曲
福山雅治

明け方の道を走る仕事帰り 街灯のランプ残る見なれた風景

1日の終わり告げるこのオレと 1日が始まりだすこの街が


また今日もすれ違っている 光と影の中

急ぎ足で逃げてく月も星も ただすべては通りすぎてゆくだけ


口ずさめば悲しい歌に もう戻れない季節 悔やむつもりないけど

一人の部屋帰りたくない 朝の陽射しを待たず 君に逢いに行くから

Hold on Me

Hold on Me


気づかないフリをしてもくすぶってる 夢を夢のままにしたあの時から

すり替えられた暮らしに戸惑って 自分をかばうことだけ覚えたよ


だけど今もおさまりきれずに 風に吹かれながら

求めている心は確かにある それが何処へ行くのかわからないよ


口ずさめば悲しい歌に もう戻れない季節 悔やむつもりないけど

一人の部屋帰りたくない 朝の陽射しを待たず 君に逢いに行くから

Hold on Me

Hold on Me

Hold on Me

Hold on Me

提供: うたまっぷ