歌詞

流れもの

長渕剛

作詞
長渕剛
作曲
長渕剛

調子っぱずれの都会の路地裏で

飲んだくれた帰りにしこたま吐いた

いんちきまがいの臭い男の屁理屈に

へどが出るほど不愉快な夜だった


真っ赤にただれきった今どきの露骨な

男のやさしさ芝居にゃついてゆけねえ

につまった一日を下手くそなカラオケで

すすり泣くように唄われるのはゴメンだ


イラつく世間におさまりがつかず

舗道につばを吐きケンカをふっかけた

ボロボロになって胸引き裂かれたけど

俺にゃちっとも痛くもかゆくもなかった


どうせ俺らはどこかの流れ者

俺らのしかめっ面 今さらなおるわけがねえ

どうせ俺らはどこかの流れ者

生まれっつきのうらぶれた小汚ねえ暮らしに乾杯


苦しい事など他人に語るな

ドブに捨てちまったら一生だんまり決めろ

義理も人情もケジメもねえこの街で

今夜もずけずけと生き恥をさらす


働きっぱなしの24時間

ビルの谷間に日が沈む

夕焼けの色はいつか俺が見た

横たわるおふくろの血の色より赤かった


明日になれば明日の風が吹く

性に合わねえならケツをまくればいい

気にするほどの事じゃもともとねえさ

きっぱりふっきったらこの街を出よう


どうせ俺らはどこかの流れ者

俺らのしかめっ面 今さらなおるわけがねえ

(どうせ俺らは)どこかの流れ者

生まれっつきのうらぶれた小汚ねえ暮らしに乾杯

(どうせ俺らは)どこかの流れ者

俺らのしかめっ面 今さらなおるわけがねえ

(どうせ俺らは)どこかの流れ者

生まれっつきのうらぶれた小汚ねえ暮らしに乾杯

提供: うたまっぷ