歌詞

愛なんて信じない

カズン

作詞
カズン/小林和子
作曲
カズン

恋人がほしいだなんて 思ったことなかった私

休日のロードショーさえ ひとりで見るのが好きだった


手をつなぐ人であふれてる 夕暮れの街 家に急ぐ

逢いたい人もいないから さみしくなることもなかった


どうして どうして あなたは覚えてたの

誰もが気づかず 過ぎてく誕生日

やさしさがせつなさになる


愛なんて信じない

約束もできない

それなのに何故苦しいの


ショーウインドゥ流行の服も 新しい靴もなじめない

傷ついた恋におびえて 飛び込む勇気持てなかった


いつから いつから あなたを待ってたんだろう

テレビの電話に 思わず振り返る

ぬくもりも知らないけれど


愛なんて信じない

言葉などいらない

それなのに何故気になるの


何か動いてる(見つめている)

心がとけてく(そのままで もうとまどわないで)

涙があふれる(まっすぐに腕の中へ)


いつだってそばにいて

さみしさが増えてく

それなのに何故微笑むの


愛なんて信じない

強がりをこわして

心から今微笑んで


愛なんて信じない

強がりをこわして

心から今微笑んで

提供: うたまっぷ