歌詞

ストロベリィ・スレイライド

PIZZICATO FIVE

作詞
小西康陽
作曲
小西康陽

雪の中を

そり滑りのように

ふたり乗せた

汽車が走ってく


67年2月の

いちご畑も

すっかり白い冬景色

永遠に眠る


寒い国の

恋人みたいに

アライグマの

帽子を被って


かじかむ指合わせて

クイン・ジ・エスキモーみたいに

赤い鼻をくんくんさせて

愛してると言って


いそいで

(ストロベリィ・スレイライド)

弾丸列車は

週末のヴァカンスへ

いますぐ

(ストロベリィ・スレイライド)

ぼくらは愛しあう

7つの頃みたいに


雪の中で

ぼくたちふたりは

その場しのぎ

愛を誓ったね

20世紀の終わりが

明日来たって

きみだけ だとか

そういうようなコト


いそいで

(ストロベリィ・スレイライド)

加速度つけて

憂鬱な王国へ

いますぐ

(ストロベリィ・スレイライド)

ぼくらは

不機嫌さ

7つの頃みたいに


ブルーのサングラスで

死んだ女優みたいに

ツンと気取ってないでさ

愛してると言って

かじかむ指合わせて

クイーン・ジ・エスキモーみたいに

むかし話聞かせて

眠たくなるまで


いそいで

(ストロベリィ・スレイライド)

弾丸列車は

ヴァカンスの終末へ

いますぐ

(ストロベリィ・スレイライド)

ぼくらは くちづける

7つの頃みたいに

提供: うたまっぷ