歌詞

DISTANCE

角松敏生

作詞
角松敏生
作曲
角松敏生

遠く離れて暮らすことが 愛を変えると言った

あの日の君の涙が もう昨日の事のように想う

ただ幾度かの電話だけがつなぎとめる

たった一つの愛の糸を 紡いでいた

君は今でも愛してくれるだろうか

こんなにも長い時を越えて 僕は今君への

扉を叩くために 夜の翼にのる


夢につかれた日々が 僕に教えてくれた事は

ときめき分ちあえる人が いなければ全てが

ただの幻

遠い電話の声に心伝えられず

眠れぬ夜を二人 過ごしてきたけれど

懐かしいその手に 触れられたならそれだけで

もう何もいらない

時の運命を二人で確かめよう

これからずっと 君を一人にはさせない


街灯かりが見えたら すぐにも会いに行こう

そして最初に何を伝えられるだろうか

Gateを駆け抜け 手を振る君を見つけたら

何もかも忘れて

見つめる瞳と蘇える優しさに

言葉を失うほど 君を愛してる

提供: うたまっぷ