歌詞

dear

大江千里

作詞
大江千里
作曲
大江千里

渋滞のスクランブルで

見覚えあるシャツを見つけた

降りだした雨にせかされて

傘もささずに走ってた


ビル風に肩を丸めて

急ぐ人やタクシーの列

一晩きみを抱きしめてた

あの日も雨が降ってた


あれからぼくはいろんな街で

きみの知らない夢を

生き続けてきたけど

きみとぼくとの恋は

心燃やしつづけた

あんなせつなく恋をした日々は永遠だから


ひたむきなその横顔と

夜更けの路地 ずぶぬれの髪

ひとりの夜が長すぎると

くせさえ思い出せない


人ごみに埋もれて歩く

生活から離れられない

飲み過ぎた朝 街のすみで

あの日のきみを思うよ


男はいつもわがままだよ

変わらないで欲しいのさ

時は戻せないけど


きみとぼくとの恋は

心燃やしつづけた

きっとはかない激しさは今も同じだから


雨があがるとショーウィンドウに

細い虹が映った

街は動き始める

別々にいつか年をとり

大事なもの変わっても

ときめきは忘れない


きみとぼくとの恋は

心燃やしつづけた

あんなせつなく恋をした日々は永遠だから


きみとぼくとの恋は

心燃やしつづけた

きっとはかない激しさは今も同じだから


きみとぼくとの恋は

心燃やしつづけた

あんなせつなく恋をした日々は永遠だから

そうさせつなく恋をした日々は永遠だから

提供: うたまっぷ