歌詞

忘れられないひと

郷ひろみ

作詞
松井五郎
作曲
都志見隆

夕闇が滲む 古いCafe terrace

好きだった服は 心が覚えてる


君があの頃に してた左手の指輪

はずしたままいまは 暮らしているの


忘れようとしても 忘れられないひと

なつかしい微笑みが 胸をしめつける

たとえ誰を傷つけたとしても あのときに

君のことを 奪えばよかった


風の並木道 人目を気にかけ

距離を置く君が とてもさみしかった


星にまぎれこみ 君を抱きよせた僕は

失くせない気持ちを ただ信じてた


忘れようとしても 忘れられないとき

愛もないKISSをして 痛みこらえてた

巡る季節 あの場所をひとりで訪ねれば

涙はまだ 渇れていなかった


忘れようとしても忘れられないひと

想い出に吹く風が 落葉 散らしてく

いつもふたり すれちがってばかりいる街に

いまは僕を待つひとがいる


アドレスを残し 席を立つ君をやがて

星屑が 静かにつつみこむだろう

提供: うたまっぷ