歌詞

青春はいちどだけ

フリッパーズ・ギター

作詞
小沢健二/小山田圭吾
作曲
小沢健二/小山田圭吾

僕らは古い墓を暴く夜の間に

手に触れてすぐ崩れて消えてゆく

ただいつまでもつづく

遠くまで見える

寒い冬に唾吐く時に

鳴り出した鐘

いらだちさえ僕は

抱きしめたいと思った

週末に間に合うように

手紙を書くつもり

午後には雪が

照れくさいくらいにほら降るだろう

名前をつけて

冷たすぎるように

シールで閉じて隠して

名前をつけて

残酷なくらいに

さあ目を閉じて答えて

提供: うたまっぷ