歌詞

カウボーイ疾走

小沢健二

作詞
小沢健二
作曲
小沢健二

もう紫陽花の風景や もう丘を歩く彼女の姿

飛ばされていっちまった

もう間違いが無いことや もう隙を見せないやりとりには

嫌気がさしちまった


カウボーイはスペードのエースとか言って BABY BABY BABY BABY BABY

草笛がひどく上手い奴だった

錠剤を噛みしめ蛇口をひねり 高く高く星を見上げていた


熱がならされてゆき 霧が覆う広告

海から撫でる風に しらけっちまった純情を帰し

本当のことへと動きつづけては 戸惑うだけの人たちを笑う


舗道まで散らばって戻らない砂 BABY BABY BABY BABY BABY

淋しげにかきならされてるギター

新しい1日がまた始まるだろう 夜明け前の弱すぎる光


日射しが強い真昼 まばたきをかすめとり

陽炎の中に立つ 消えてっちまうものを探して

本当のことへと動きつづけては 戸惑うだけの人たちを笑う


すれちがう早起きのマラソンランナー BABY BABY BABY BABY BABY

にぎやかな時代に落ちてくる朝

新しい1日がまた始まるだろう 夜明け前の弱すぎる光


Wow… Wow…

提供: うたまっぷ