歌詞

白い炎

斉藤由貴

作詞
森雪之丞
作曲
玉置浩二

迷子の恋を抱きしめて

さまよい歩く 墨絵の街

あなたと彼女 バスを待つ

その瞬間 街は色彩を失くした


最後の5が押せなかったテレフォン

燃える胸は熱い痛みです


私 悲しい女の子ですか

頬で涙が雪になります

自分勝手な 女の子ですか

あなたが好きです


二人を乗せた バスが行く

あなたの部屋と逆の方へ

初めて恋を声にした

その瞬間 疾風が夢をちぎった


ためらいばかりを閉じこめた ダイアリー

滲む涙 白い炎です


私 愚かな女の子ですか

ひとり芝居で夜を旅した

いつも無口な女の子ですか

あなたが好きです


私 悲しい女の子ですか

頬で涙が雪になります

自分勝手な 女の子ですか

あなたが好きです

提供: うたまっぷ