歌詞

季節がとうりすぎても

楠瀬誠志郎

作詞
風堂美起
作曲
楠瀬誠志郎

もしもときめき変っても

君だけ見ているよ

どんな時だって


もしも二人が迷っても

君だけ信じるよ

はじめてのように


菜の花の道を

むじゃきにかけだす

ああ きれいだったよね


季節がとうりすぎても

風だけが止まっても

手をかさねた あの時を

思い出しながら


もしも昨日はちがっても

君だけさがしてた

ほおづえのままで


ブランコ揺らして

雲を見送って

ああ 夢中だったよね


時が背中つついても

空は夜に移っても

涙あふれそうな時

そこに君がいる


言いたいこと

伝えたいこと

見つめているだけで

Um…わかること


手をふった丘に

光がこぼれて

ああ まぶしかったよね


季節がとうりすぎても

風だけが止まっても

手をかさねた あの時を

思い出しながら


時が背中つついても

空は夜に移っても

涙あふれそうな時

そこに君がいる

提供: うたまっぷ