歌詞

パンドラの恋人

南野陽子

作詞
田口俊
作曲
亀井登志夫

とめて時間を

その唇で

まばゆい一瞬を

とめて夏を

水晶色に

胸にやきつけて


パンドラの小箱をあけるように

あなたの心の中

そっとのぞいたら恋はどこかに

逃げてしまうかしら


引き潮の濡れた砂

あなたの背中

後ろから抱きしめて

鼓動だけ感じたい


燃える想い

ねえ切なくて

一秒がつらいの

たとえ誰か 悲しませても

もう離れないで


白い帆の方舟に乗って

陽炎の外海を

誰も追いかけて来ないところへ

漂流されて行きたい


あざやかな夏の影

落とす陽射しが

空色を染めながら

この胸にあふれるの


燃える想い

ねぇ苦しくて

頬にこぼれたなら

抱いて強く 眩暈するほど

もう離れないわ


とめて時間を

その唇で

まばゆい一瞬を

とめて夏を

水晶色に

胸にやきつけて

提供: うたまっぷ