歌詞

楽園のDoor

南野陽子

作詞
小倉めぐみ
作曲
来生たかお

陽だまりの 窓辺から

凍える街並 見下ろすの

淋しさも 憎しみも

ガラスの向うの物語


そうね 世界中が 他人事なら

傷つかずに 過ごせるけど

心ごと 生きてゆきたくて

楽園のDoorから… ひとり


冷ややかな 階段を

ざわめきの海へ降りてゆく

あこがれと 哀しみが

ぶつかって もつれる街角


そうね 人の波に まきこまれて

遠回りでも かまわないわ

一歩ずつ 強い優しさに

近づいてゆきたい… いつも


青空が まぶしくて

私はこんなに小さくて


だけど 人の波に 流されないで

まっすぐ前に 歩けたなら

いつの日か 陽だまりのような

あなたを抱きしめたい


新しい靴は 少し ぎこちなくて

かすかな痛み ひきずるけど

一歩ずつ 履き慣らしてくわ

あなたに 近くなるために

提供: うたまっぷ