歌詞

ずっと忘れない

SMAP

作詞
森浩美
作曲
馬飼野康二

バスターミナル 長い列

君が"おはよう"って微笑む

そんな制服姿も最後だね

友達のまま君といた

ホントの気持ち つたえずに

過ごした日々を悔やんではいないさ


卒業式が済んで シャッターを切る音がする

ふざけて近づけた顔 日付を残してる


だから 遠く遠く離れたって 君を忘れないよ

いつも君ばかりを見てきたから 胸に灼きついて

見あげた桜を 風が散らすたびに

せつなくなるけど ずっと忘れない…


厚手の毛布 用意して

サッカーを観に出掛けたね

仲間達にも内緒の出来事さ

紙吹雪舞う歓声に

思わず肩を抱きあった

一瞬だけど すべてが止まったね

帰りに寄った店で ハンバーガーと君の笑顔

時計をくずかごの中 捨てたかったあの夜


たとえ 遠く遠く離れたって 僕は悲しまない

いつかまたどこかで会える筈さ 信じていたいよ

これから何度も 新しい季節が

僕にめぐっても ずっと忘れない…


そうサヨナラはきっと 終わりにすることじゃなくて

何かが始まってゆく スタートと同じさ


だから 遠く遠く離れたって 君を忘れないよ

いつも君ばかりを見てきたから 胸に灼きついて


たとえ 遠く遠く離れたって 僕は悲しまない

いつかまたどこかで会える筈さ 信じていたいよ

これから何度も 新しい季節が

僕にめぐっても ずっと忘れない…


ずっと忘れない…

提供: うたまっぷ