歌詞

東京DAYS

槇原敬之

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

星空に口笛よひびけ

すばらしき毎日


例えば最初に自転車に

乗れた日を覚えていれば

新しいコトをはじめるやつを

だれも笑えやしないはず


24歳の夏にはじめて

てれもなくスケボー抱えて

河べり坂道すり傷なめる

僕に誇りを持ってる


東京DAYS何かいいこと

ないかとぐちをこぼしかけて

遊び場さがすようになったら

最後と言葉をのんだ


家具屋でみつけた緑色の

1人がけの大きないす

自分の部屋に置くとしたら

どこがいいか考えてた


そうしていつか1人分を

自然に選んでることに

少し淋しくもなったりしたけど

悪い気分じゃないんだよ


東京DAYS愛する人が

いつか現れたら僕のひざの

上にのっけてあげればいい

その先はそれから


子供が生まれたと友人が

写真付きのハガキをよこした

勇気をくれるモノはいつでも

愛を守る人達の強さ


東京DAYS

半透明のゴミ袋を抱えながら

星空に口笛よひびけ

すばらしき毎日


今日も吠えるとなりの犬に

本気でどなり返す

すばらしき毎日

提供: うたまっぷ