歌詞

OCTAVERS

槇原敬之

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

深夜営業のレストランに

10時に待ち合わせた

もう親の車じゃないんだよと

得意気に愛車を見せる

くすぐったいような懐かしさで

最初はぎこちないけど

5分もたてば悪い冗談

もうはじまってる


大好きな歌をつんだら

きっとだまりこむよ

あれ程通ったのに

カーブ曲る度 胸がさわぐ


今日は彼女はおいていきなよ

僕らだけの秘密の場所

山の墓地を抜けたらすぐ

あの夜景が待っている

今日は車もみがいたから

ボンネットの鼻の先に

星がおっこちてきたよな

街の灯が映るよ


安いハンバーガーと自転車

天体望遠鏡

好きだ嫌いだと騒いでいた

やつらに首をかしげていた

そんな仲間の1人はもう

結婚してたりして

子供をやっと寝かしつけた後

抜け出してきた


今までずっと自分を

守り続けたよりも

もっと強い力で

誰かを守ってあげなくちゃ


次は彼女もつれていきなよ

僕らだけの秘密の場所へ

君が好きになった人なら

きっと僕らも好きになる

宝探しの地図を片手に

恋をした少年の顔が

月の灯りに照らされて

少し大人に見えた


10年先も20年先も

なんとなく側にいて

いつだって同じように

笑ってるような気がする


次は彼女もつれていきなよ

僕らだけの秘密の場所へ

山の墓地を抜けたらすぐ

あの夜景が待っている

明日にもどる離れた街で

僕の帰りを待っている

あの子にはもうみんなのこと

ずっと話してるから


いつか連れてくるよ

提供: うたまっぷ