歌詞

花水木

槇原敬之

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

最後のデートも

同じ場所で 待ち合わせよう

花水木の通りの終り

線路沿いの空地でハザード出してるよ

何かを見つけた

子供のよに指をさして

こいのぼりのようだと言ってた

ペインターをぼくは選んではいた


5月でまた1つ年をとり

大人になった気分でいたけど

愛してる人に愛してることを

伝えきれないようじゃ

まだまだだめかもしれない


君の幸せを

はかれるものがもしあったなら

世界中のどこでも

僕はまだきっと探しに行く


2人でどこかへ

行くことに慣れてきても

すぐに車に乗りこまないで

運転席の僕を確かめにきていた

気がつけば今も

窓をあけてずっと待ってる

しばらくはまだ君がのこした

小さなくせで思いだすかも


うれしそうに笑う君の顔が

いつでも僕の自慢だったけど

さよなら言うことに迷いつづけて

つかれてるのに笑ってくれた

君は僕の誇り


最後のデートも

同じ場所で 待ち合わせよう

新しい地図を君にあげるよ

今日が最後のナビゲイター


花水木の通りの終り

線路沿いの空地でハザード出してるよ

提供: うたまっぷ