歌詞

裸足のまんまで

長渕剛

作詞
長渕剛
作曲
長渕剛

どしゃ降りの雨の中で傘もささずに歩いてた

俺は最後のタバコを今明日に叩きつけた

重くたれこめた暗闇の中稲妻が俺を突き刺す

半パな俺の覚悟を情け容赦なくはじく


しがない街に生まれてやっとここまでたどり着き

だけどのっけからこの様さ 心が寒くて死にそうだ


裸足のまんまで笑われても

裸足のまんまで立たされても

裸足のまんまで責められても

俺は俺を信じてやる


じりじりと焼けただれるずるがしこさを身にまとい

あいつは獣のように深い爪あとを残して去った

俺は都会の踏切に立ち錆びたレールの向こう睨む

捨ててきた傷口どもがホラぶらぶら笑ってる


しみったれた街に生まれてやっとここまでたどり着き

しみったれるなと雨をのろい どっぷり首までしみったれた


裸足のまんまで笑われても

裸足のまんまで立たされても

裸足のまんまで責められても

俺は俺を信じてやる


裸足のまんまで笑われても

裸足のまんまで立たされても

裸足のまんまで責められても

俺は俺を信じてやる

提供: うたまっぷ