歌詞

明け方までにはケリがつく

長渕剛

作詞
長渕剛
作曲
長渕剛

砂嵐の風が吹いてた

三日月が高く昇ってた

誰もいない工事現場の駐車場に腰を降ろしてた

飲んでも飲んでもいくら飲んでも酔えない夜がある

流されることなく流れて生きるだけで精一杯

ねえ もう少し正直でいいんじゃないか

ねえ もう少しひたむきでいいんじゃないか

明け方になるまでにはきっとケリがつく

見失いそうなこの俺の足元を叩かなければ


もしもやさしさが風ならば

百年だって吹かれよう

しがらみが嫌だったからつるまなかっただけさ

突っ張りとおせるものならきっとそのほうがいいさ

はじめから物分かりのいい利口者じゃなかったはず

ねえ もう少しありのままでいいんじゃないか

ねえ もう少しかっこ悪くていいんじゃないか

貨物列車が走ってゆく夜露に濡れたレールを

明け方になるまでにはきっとケリがつく


いくつもの太い車輪の跡

転がり落ちてる鉄パイプ

水たまりを覗きこめば蒼白い月灯りと俺

泣いても泣いてもいくら泣いても泣けない夜がある

流されることなく流れて生きるだけで精一杯

ねえ もう少しかたくなでいいんじゃないか

ねえ もう少し真剣でいいんじゃないか

もっと心を震わせて深くこだわり続けたい

イチかバチかの勝負さ

明け方までにはケリがつく

明け方までにはケリがつく

明け方までにはケリがつく

提供: うたまっぷ