歌詞

DREAMIN'

KATSUMI

作詞
渡辺克巳
作曲
石川洋

それはある種のマジックで

僕達を酔わせる

ところがずっと いにしえに

感じてた感覚


誰でも心の中で鳴らせる

鐘の音聞ければ 時の扉が開く


いつまででも夢心地のまま どこまでも飛び続けていたい

それはまるで幾千の泡さ 弾けては消えてしまう

夢はいつも どこかで誰かに希望を与えている事だろう

夢の中で生まれた罪さえ一人だけの秘密さ


全て容易い事じゃない

現実という物

遠くて狭い曲がり道

足元が滑って


真夜中だけしか飛べない翼

使いたいけれど 誰にも見せられない


いつまででも夢心地のまま どこまでも飛び続けていたい

夜明けが呼ぶ新しい日々が 目の前に見えていても

夢が送る優しさの意味は いまだに謎に包まれている

今夜もまた不思議な力で 素敵な Show timeを


夢だけが自分の住む世界覗ける

あの世界 この世界にも

昨日と違ってる夢がある


いつまででも夢心地のまま どこまでも飛び続けていたい

それはまるで幾千の泡さ 弾けては消えてしまう

夢が送る優しさの意味は いまだに謎に包まれている

今夜もまた不思議な力で 素敵な Show timeを

いつまででも夢心地のまま どこまでも飛び続けていたい

目覚めた時戻る日が来ても 羽ばたく事を 忘れないさ

夢があるから

提供: うたまっぷ