歌詞

レイン

PRINCESS PRINCESS

作詞
富田京子
作曲
中山加奈子

いつもの街並みに 降りだす雨 傘も無い2人 Ah

人の群れ ねぇ聞こえない あなたの低い声


悲しい予感 脅える夜も これで終わりね

横顔に映った あせてゆく愛 見ないふりしてた


離れないで ずっとそばにいてよ と いえないまま

2人の幕切れ ふり向かず行くのね もう二度と


激しい雨に 1人打たれてさまよう グレイに煙る街

砕けて散った 愛のかけらで ああ胸を刺して 血を流す

すべてが終わったの 何も残らないの 微かな痛みさえ


腕の中での嘘の約束 ずっと信じていた

歩くことさえ あなただけが頼りの女だったの


動けないの

そんな私を どこかで誰かと笑ってよ


凍りついてく胸の奥まで からみつく 記憶の抜け殻

愛しあってた 向こう側に たかが愛を なくしただけなの


ずっとずっと遠くに 逃げて行きたいのに

この場所から 逃げられない


激しい雨が 通り過ぎてく ただ1人 アスファルトの上

砕けて散った 愛のかけらで ああ胸を刺して 血を流す

すべてが終わったの 何も残らないの 微かな痛みさえも

提供: うたまっぷ