歌詞

美粧の森

工藤静香

作詞
愛絵理
作曲
後藤次利

あゝ 遠い森へと

眠り続けていたのに

その言葉の一つで 何故さまようの

あゝ あざやかな色

いつか 色あせるよに

この私の想いが あわくなれたら…

気のきいた言葉さえ

もっと楽に つぶやけたなら…

その 指のすき間から

こぼれる程に 優しさ下さい

今を信じたいから

溜息一つで 愛さえも うばわずにいて


ah 切なさの糸

どこに続いてゆくのか

この夕陽 向こう側 受けとめていて

ah 誰も知らない

心 分かっているなら

この私の思いを ずっと信じて

せめて今 見つめてて

私 髪を といてみるから

朝を迎えないまま

抱かれてみたい 貴方の胸へと

ずっと 包んでいてね

見失う心 夢までも こわさずにいて


その 指のすき間から

こぼれる程に 優しさ下さい

今を信じたいから

溜息一つで 愛さえも うばわずにいて

朝を迎えないまま

抱かれてみたい 貴方の胸へと

ずっと 包んでいてね

見失う心 夢までも こわさずにいて

提供: うたまっぷ