歌詞

LONESOME COWBOY

槇原敬之

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

原付きの鍵を探しながら

バイト仲間に じゃあねと手を振る

"今日はデートだろ頑張れよ"

返事も途中で奴は

かけて行く


早番の時だけ 夕陽が見れる

ミラーの中で街が染まってく

とてもきれいで誰かに見せたい

だけど50ccじゃ2人乗りはできない


I'M A LONESOME COWBOY

馬に乗るように

またがるバイクは Billy the KID

恋人なんて いらないよなんて

つぶやく時程

本当はほしい


帰りにちょっとスーパーによるけど

ごめんね ガソリンは

売ってないんだ


東京へ来た頃 眠れずに

つけたTVの西部劇

恋人を残して街を出る

強さが僕にはあるだろうか


I'M A LONESOME COWBOY

1人の自由を

理由にするには まだ早い

長くのびた僕の影が

いつか2人分になるように


大丈夫 そんな日がきても

おまえをちゃんと

押しながら歩くから

I'M A LONESOME COWBOY…

提供: うたまっぷ