歌詞

DARLING

槇原敬之

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

ちょっと遅れただけじゃないかよと

言いかけた僕に

もう5回目だよねと

君がブロックをかけた

海沿いは渋滞続き

おなかもすいたけど

ランチは君のひざの上

がっちりおさえられてる


理由としては

充分すぎることを並べてるのに

まるでわかってないと言いたそうに

一瞬 僕をみただけ


Darling, My Darling

仲直りのKISSのしるし

後ろにしたキャップのつばを

君はらんぼうにもどした

Woh Darling, My Darling

窓の外を見ているけど

小さな耳をすましながら

僕をうかがってる


好きだと言う言葉だけでは

かたずけられない

恋人になったからこその

ありがとうが大切

怒って帰ってもしかたない

あの暑い日射しの下

待ってくれてた姿が

風をほどいていくよ


やっと僕の

ひざにのってきたやさしさなのに

なぜてあげる気持ち忘れてると

君が今教えてくれた


思い出したよ

キャップのつばが君の

額にコツンとあたって

はじめてのKISSで笑ったこと

幸せがすぐに

逃げ出さないように

誰かが側にいる意味を

忘れないでいるよ


Darling, My Darling

仲直りのKISSをしよう

2人が笑いだせばほら

全てが味方につくよ

Woh Darling, My Darling

危なくなんかないよ

KISSが終わってもきっと車は

渋滞で動かない

提供: うたまっぷ