歌詞

夜よ、明けるな

友部正人

作詞
友部正人
作曲
友部正人

だが 君は帰って来ない

夜道をぼくは帰ってきたのに

君の窓明かりは消えたままさ

月はあんなに明るいのに


町は居留守を使ってる

呼んでも君は答えない

疑問は頭から抜け出して

路上でぼくの影になる


翼もないのに飛ぶこと覚え

夜の物干し台にたたずんでいる

命がけで飛ぶつもりなら

夜よ 明けるな 君のために


女たちが笑ってる

胸をはだけた夏の夜

ぼくは静かにたたずんでいる

君がどこにもいないので


ぼくが持ってる一番高価なものを

君の笑顔と取りかえたい

日々はぼくの大好きな君の笑顔を

波の彼方に置き忘れたようなのだ


だが やがて朝が来る

君が飛ばなかったことを知り

夜の列車には乗らなかったことを知り

ぼくの汽笛はこう繰り返す


悲しみを石に変えてくれ

海の底に沈めたいから

海の底で揺れる美しい藻は

いいかげんな言葉をまだ知らない


翼もないのに飛ぶこと覚え

夜の物干し台にたたずんでいる

命がけで飛ぶつもりなら

夜よ 明けるな 君のために

夜よ 明けるな 君のために

提供: うたまっぷ