歌詞

アダムな夜

鈴木雅之

作詞
阿木燿子
作曲
宇崎竜童

右腕に触れる 風に目覚めれば

ベッドを抜け出し あなたは窓辺


硝子の向こうは 不眠症の街

あなたの瞳に 幻が映る


愛してる それだけが現実

生きている 多分 同じ意味なのさ


昔ほど もてないと言う科白の

裏を返せば


優しさを演じても虚しいだけ

あなた一人居れば

幸福に満たされる

信じてほしい


左胸走る 稲妻の痛み

あなたと初めて 逢った時からさ


何故か抱くたびに 幼気になって

あなたはすっぽり 掌に入る


夢をみる それこそが真実

憧れを きっと人は生きるのさ


くるおしく過ぎてゆく時間もまた

人生のうち


ときめきは永遠を知る手懸り

あなたというイヴが一緒なら

この世さえ楽園になる


愛してる それだけが現実

生きている 多分 同じ意味なのさ


狂おしく過ぎてゆく時間もまた

人生のうち


ときめきは永遠を知る手懸り

あなたというイヴが一緒なら

この世さえ楽園になる

提供: うたまっぷ