歌詞

夏の日の午後

岡村孝子

作詞
岡村孝子
作曲
岡村孝子

窓を開けて午後の風を

むせるほど吸いこんだ夏の日

陽ざしが今傾くのを

あなたの腕に抱かれ見つめた

幸せなんて言葉があるからそれと気付かずに

思い出ばかり作るのね Mm…

あなたをいつも近くに感じて生きたい

それだけがただ願いなのに


闇にゆれる星の数に

負けないほどの熱い想いを

胸の奥でにぎりしめて

そっと時を重ねていきたい

あなたがどんな遠くを見つめていてもかまわない

素敵な人に変わってね Mm…

会えなくなってもいつか私の心を

あなたの色で染めるくらい


あなたがたとえ遠くを歩き出してもかまわない

私の中に生きている Mm…

あなたの記憶の中のわがまま娘を

片すみにでも 残していて

提供: うたまっぷ