歌詞

風のInvitation

福永恵規

作詞
秋元康
作曲
高橋研

黄昏の街 忘れものの雲

誰もいないアスファルト

絵画館から

夕陽が落ちたら

窓が ぶどうの粒みたい

君の小さな背中を

僕の腕の中へ

風のInvitation

さらわれないように

静かに抱きしめれば

風のInvitation

いつしか僕と君は

ひとつの影になった


色褪せた空

過ぎて行く季節

北極星はプラタナス

できることなら

知らない道に

迷ってみたい 2人きり

だけど何も言えなくて

そっと手をつないだ

恋のInvitation

まだまだ帰りたくない

このままそばにいたい

恋のInvitation

いつしか僕と君は

すてきな風になった


風のInvitation

さらわれないように

静かに抱きしめれば

風のInvitation

いつしか僕と君は

ひとつの影になった

提供: うたまっぷ