歌詞

水の星座

辛島美登里

作詞
辛島美登里
作曲
辛島美登里

まさか こんな遠くまで

三日月が追いかけてきてるなんて

笑いとばすはずだった

あなたが 彼女を庇うまでは


いつも一番 訊きたいことが

なぜか一番 訊けなくて


愛しても 愛しても 水の星座

あなたは やさしく Kissをする でも

好きなのは 好きなのは 私じゃない

片目をつむって 恋をしてる


もしも さよなら告げても

あなたは信じてくれないでしょう

使い慣れた器 でも

割れる危なさを含んでる


あふれる人が 駅に佇み

たった一人を 待つけれど


愛しても 愛しても 水の星座

あなたは 誰にも 染まらない ああ

切なさを かきたてる雨のように

私の瞳を 満たしてゆく


愛しても 愛しても 水の星座

あなたは やさしく Kissをする ああ

切なさを かきたてる雨のように

私の瞳を 満たしてゆく

提供: うたまっぷ