布袋寅泰 「POISON」
再生

ブラウザーで視聴する

布袋寅泰 「POISON」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

布袋寅泰 「POISON」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ今すぐアプリで見る
布袋寅泰 「POISON」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ今すぐアプリで見る
布袋寅泰 「POISON」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
布袋寅泰 「POISON」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

布袋寅泰 「POISON」

歌詞

POISON

布袋寅泰

作詞
森雪之丞
作曲
布袋寅泰

Baby… 銀の指輪で

12時の針に手錠を掛けろ

時間を 止めた時から

物語の扉が開く


二人の出逢いが 遅すぎて

悲劇を招くとしても

愛しあう他に何が 出来るのだろう


Baby… 死んでいたのさ

おまえの瞳に恋するまでは

痛みも ときめきもなく

時の砂にただ埋もれてた


おまえの涙が 乾くなら

愛しい罪を犯そう

孤独で張り裂けそうな身体 闇に燃やして


接吻でそそぐ せつなさは

二人だけの夜を今日も狂わせる 毒薬

抱きしめるたびに 怖くなる

溢れだした愛が おまえ壊しそうで


どんなにあざとい ペテン師も

自分に嘘はつけない

狂おしい夜のために 人は生きるのだから


離れても響く せつなさは

ひとり眠る夜の夢を熱くする 毒薬

抱きしめるたびに 刻まれた

胸の傷が今は 紅い薔薇に見える


Uh…

接吻でそそぐ せつなさは

二人だけの夜を今日も狂わせる 毒薬

抱きしめるたびに 怖くなる

溢れだした愛が おまえ壊しそうで

提供: うたまっぷ

関連映像