歌詞

9月半島

今井美樹

作詞
岩里祐穂
作曲
上田知華

果てしない青さを

海まで追いかけたくて

砂の残る素足で

錆びたペダル漕いでゆく


光のモスリンが

柔らかな風を編んで

流れだす黒髪も

ほら 息を切らし走る

輝いた翼になる


波のしぶき聞きながら

心は弱さ責めるけど


許せなかった…

帰れなかった…

忘れたかった


自転車を休めて

木影で汗をぬぐった

急ぐたびに誰もが

なぜ何かを失うの?

振り向くこともできずに


今は空の下にいる

遠い子供にもどってみる

沖に遊ぶ

鳥のように

自由でいたい


波のしぶき聞きながら

だけどつらくなった時は

夢でもいい Ah…

あなたがいい

思い出でいい


果てしない青さを

海まで追いかけたくて

息を切らして走る

ああ 傷つけあうよりも

今 一人をえらんだの

提供: うたまっぷ